1. ホーム
  2. プロフィール
  3. 社長ブログ
  4. マスコミ掲載事例,無料コンサルレポート
  5. 月刊誌「北海道経済」にて紹介頂きました。他「相談事例の紹介」

代表 畠山 裕康(はたけやまひろやす)のブログです

社長ブログ

<<前の記事へ社長ブログTOPへ次の記事へ>>

2009年6月15日月曜日

月刊誌「北海道経済」にて紹介頂きました。他「相談事例の紹介」

 日経新聞様、道新様、ライナー様に引き続き、記事の掲載。私にとって、とてもありがたいことです。

「住まいるナビ」は業種的に新しいので、いろいろなメディア様からお声をかけていただいてます。

 北海道経済 7月号(6月15日発売)↓

hokkaidokeizai-july.jpg

無料小冊子「失敗談から学ぶ!家づくり成功の5つの秘訣」の配布を始めて、はや2ヶ月が経過。
小冊子は、すでに300人を超える「家づくりで成功したいと考えている方」の手に渡っており、うれしい感想文やメールもたくさんいただいております!

また、小冊子を読んでみたうえで、ほかにも聞きたいことがあって、無料コンサルティングに相談に来られた方も20組以上いらっしゃいます。おかげで大変忙しくさせていただいております。

 

★相談に来られる方の中には、すでに住宅会社と契約済みで、着工寸前」という方もいらっしゃいましたが、そのような段階ですと、もう僕に出来ることは何もありません・・・。
もっともっと早い段階で、無料相談に来られることをオススメします。
*原則として、すでに契約済みの方の相談には応じることができません。

〇「住まいるナビ」へ来ていただく相談者のなかには、住宅会社との話がかなり進んでいて
「そんなに多額の住宅ローンを組んで、ほんとに大丈夫ですか?」という方も。
→「ローンの借入れ適正額」を一緒に再計算し、総予算を300万円ほど下げることに。

〇マイホーム計画に盛り上がり、冷静さを失っている方。
そんなにあわてないほうがいいですよ。」とアドバイスさせていただいたことも。
→総予算をあらためて計算しなおし、1から計画を再スタートすることに。

昨夜もTV番組サキヨミで、「住宅ローン破綻者」の特集が組まれていました。
番組を観た方もいらっしゃるとは思いますが、僕は観ていて悲しくなりました。
「いったいなんのために家を建てたんだろう・・・」という破綻者の一言。

事実、旭川でも築年数2~3年(ほぼ新品!?)の中古物件が頻繁に売りに出されています。
不動産専門業者によると、その売主のほとんどが「住宅ローンを払えなくなった人」とのこと。
買う側にとっては優良物件を安く買えるメリットがありますが、売る側にとっては、泣く泣く売却してもまだローンの支払いが残っているという厳しい現実(家を失っても、さらにローンを支払いつづけなくちゃいけない状況)。

 

★以前から、思っていたことがあります↓

● 家づくり(購入)って、一般消費者にとって、いちばんむずかしい買い物かも知れない。

● 自分のローン適正支払額を決める基準は結局なんなのだろう?

● 日本の教育って「お金」のことを教えてくれないよなぁ・・・。

→そうなんです。僕たちは学校の先生からお金の貯め方や使い方、そして資産運用の仕方などを教わったことがないのです。だから、自己管理がとても大事なのです。
この問題はファイナンシャルプランナーの勉強をしていた約2年前、ふと思いました。

★家づくりはスタートが大事です!

住宅ローンに対して、過剰に敏感になる必要はないですが、基礎知識を充分にもったうえで、一生に一度の家づくりをスタートさせてくださいね。
今日のテーマは、家づくりにおいてもっとも大切な「お金(ローン)」の話でした。ではまた。

 

 

 

カテゴリ(マスコミ掲載事例,無料コンサルレポート)

コメント

お名前(必須)
電子メール(必須)
URL
コメント

トラックバック

URL:

<<前の記事へ社長ブログTOPへ次の記事へ>>

プロフィール

畠山 裕康

家づくり成功コンサルタント
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー
測量士補
プロフィールの詳細へ

新着記事

2020年3月29日
第144回「失敗しない家づくり勉強会」終了!(写真付きセミナーレポート)
2020年2月17日
マジで、、、泣けます。(弊社サポートで新居をGETした方の生の声~200216更新)
2019年2月 9日
★注意!★無謀な資金計画!?(具体的事例~アドバイス動画)
2019年1月 5日
2019新年ごあいさつ動画撮りました!
2018年9月15日
まもなく消費税10%!増税時期を意識されている方へ動画撮りました!

カテゴリ

アーカイブ

RSSフィードRSSフィード

このページの先頭へ戻る